History

2004年09月 東京にて結成

2004年11月24日 初LIVE 八王子Club Havana

2004年12月16日 2nd LIVE 府中Flight

2005年02月20日 3rd LIVE 原宿ロサンゼルス

2005年03月18日 4th LIVE 原宿ロサンゼルス

2005年04月06日 5th LIVE 八王子Club Havana

2005年09月23日 6th LIVE 原宿ロサンゼルス

2006年06月 無期限活動休止を発表 。各メンバーそれぞれ地下活動に入る。

2009年11月
元々音楽仲間であったロックバンドNEOSEEDのメンバーからVocalのYasuhiroに一本の電話が入る。
それはメジャーデビューが決まったという報告と同時に、メジャーデビューするにあたってNEOSEEDのプロジェクトに参加して欲しいとの
打診であった。当初Yasuhiroは戸惑ったが、取り敢えずお話を聞かせてもらうことになり、協議の結果、正式に参加する運びとなった。

2009年12月 NEOSEEDの関係者の目に留まり、Yasuhiroが綴る独自の歌詞の世界観やヴォーカリストとしての素質を見出される。

2009年12月28日
急遽レコード会社にてアカペラでプレゼンテーションを行うことになり、社長面接も受けた。
その結果合格し、Yasuhiroはヴォーカリストとしてメジャー契約を結ぶ。
その後経営者としての資質も認められ、「SpiralUp Tune Label(スパイラルアップ チューン レーベル)」の代表に就任する。

2010年02月
ZillionForceの活動再開に伴い、Vocal兼新バンドリーダーとなったYasuhiroがアーテイスト名義を本名の上田 康博 と改める。

2010年02月
上田康博が活動に参加しており、当初正式加入の決定していたロックバンドNEOSEEDとの掛け持ちが、
スケジュール的に厳しくなったため、レコード会社関係者と協議の結果、NEOSEEDのメンバーとしては一旦離れることとなる。

2010年03月22日 4年半ぶりの復活LIVE 東高円寺ロサンゼルス

2010年03月28日 渋谷屋根裏にてライヴを敢行する。

2010年07月 円滑なバンド活動を行うためにレコード会社関係者と協議の上、メンバーチェンジを行うこととなる。

2010年08月
Vocal上田康博が、精力的に活動していたギタリスト流星の作曲センスやギタースキルに惚れ込む。
そして、「新メンバーとして一緒に活動して欲しい」と懇願する。
ここにVocal上田康博とGuitar流星のユニットとして、新ZillionForceが誕生する。

2013年07月01日
所属事務所移籍に伴い、ZillionForce-ジリオンフォース-は、Vocal上田康博のソロプロジェクトとして再始動する運びとなる。
現在、CD制作、PV撮影、タイアップ等を含めた、本格的な活動を進めている。